お客さまの想い

親世代と程よい距離感で中庭を囲む

「平屋プラスαの住宅」広島県廿日市市在住 ご夫婦の想い

眼下には瀬戸内海が広がり、北側のテラスは程よい日陰をつくり利用しやすい。手前には親世代と共有する広い中庭も

家づくりのきっかけ

瀬戸内海に輝く陽光と厳島、そこを行き交うフェリーが眼下に広がる高台の立地。

時間の経過によって海と空の表情が変わる、K様邸からの眺め。「目の前で朝日が昇るから、特に朝がきれいなんです」と奥様。世界遺産を見渡すこの上ないロケーション

 ここはご主人の母が暮らす敷地の一角で、2つの家に挟まれた中庭では子どもたちが元気いっぱいに遊んでいる。母屋に暮らす母と「スープの冷めない距離」に暮らすことになったK様一家。母屋の視界を妨げない高さで、家事や育児といった日常のほとんどを1階だけで過ごせる平屋にちょっとしたプラスαを。そしてキッチンやリビングからの眺望が特徴的だ。

プラン検討~建築

回遊性のある「家事楽」な間取り

ダイニングキッチンとリビング、そして向かって左の階段から上がるとフリールームがあり、住まいの中に一体感がある

 間取りのポイントは、室内に回遊できる動線が多いこと。玄関からシューズクロゼット、キッチン、洗面室と浴室、ウォークインクロゼットと主寝室が動線上でつながっているためとても効率的で、空間的にも無駄がない。またキッズスペースや2階のフリールームなどに、家族がどこにいても互いの気配を感じられ、程良い距離感を保つことができる。

中庭に面したテラス、奥に見えるのが母の暮らす母屋で、程良い距離感を保っている

ダイニングテーブルはキッチンのテイストに合わせた造作家具。奥様の家事ラク動線に徹底的にこだわった回遊性プランに

2階のフリールームからはキッチンが見える。当面は子どもたちの遊び場にもなりそうだ

オープンなキッズスペース。キッチンに立つママから程よい場所にあり、将来的には壁を設ける予定

住み始めて

空間も家族も繋がるから
家族の絆が深まる設計

室内はブラウン、白、黒を使ったシンプルな色調で統一され、スタイリッシュなインテリアがよく映えている。

 動きやすく、収納量も多く、家族に目を配れるのでとても暮らしやすいですね。プランは基本的には太昭組さんにお任せだったのですが、こちらの希望や、子どもたちの安全性や将来まで考えて設計してくださっていたのでうれしい驚きでした。

施工事例

よくあるお悩み

ご相談・お問い合わせ土地探しから、家づくりのお悩みまでお気軽にご相談ください。

お電話によるご相談等も
お気軽にどうぞ

お問い合わせ内容を
選択してください。

必須

お名前、ご連絡先等を
入力してください。

資料送付先住所を入力

何を見て当社HPを
知りましたか?

必須

お問い合わせ内容等を
入力してください。

プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

受付を完了いたしました。

この度はお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
お問い合わせ内容へのご返答は、翌営業日に弊社担当がご連絡差し上げます。

尚、内容確認のメールを自動返信メールにて送信させていただいておりますので、ご確認下さい。

自動返信メールが届いてない場合

弊社からの返信が迷惑メールフォルダに自動的に移動される場合があります。5分以上経っても弊社から返信がない場合には、迷惑メールフォルダをご確認ください。
また、受信できるように設定の変更をお願いします。迷惑フォルダにも返信が見当たらないようであれば、お手数ですが再度お問い合わせ下さいますようお願いいたします。