コーディネーター目線の家づくり

伝説の営業マン更新日:2019.10.17

{8E1980F4-254A-4A7E-8693-57B8AA1D7704:01}

↑当時22歳

にっちもさっちもいかない時代の松原です。

今日は営業マン時代の

昔話からスタート
当時、新入社員で右も左もわかんないってときに
「伝説の鈴木さんと打合せだから」
って、上司に言われて
「ハイっ❗」
って、即返事
『”伝説”とか社会人すげぇ~』
ドキドキしながらやってきたのは
ガチャ←ドアを開ける音
「鈴木電気設備ですぅ~(*゚▽゚*)」
って、
電気設備→電設
なるほどね…
と、そんな小話は置いといて
伝説
いわゆる
レジェンド
な人ってどの業界にもいたりしますよね。
住宅業界にもそういった
伝説の営業マン
っているんですねどんな人かというと
住宅を1000棟売り、月に3件の契約紹介受注は当たり前!!
私も、当時
憧れてましたね
ちなみに、
この話しは
20年以上も前のお話し
ここから本題ですが
実はある会合で
その、
伝説の営業マン
から
家を買った人
の話しが聞けたんです
正確にいうとその
息子さんですけど…
聞くと当時、中学2年生で
ある日伝説の営業マンが家にやってきて
たぶん、その日はプランの打合せ
ワクワクしながらお父さん、お母さんの間から覗き込み
伝説の営業マンが取り出したのは
3つの間取り図
そして、
出てきた言葉は
「この中から選んで下さい」
えっ…(^_^;)
その後、どんな風に打合せが進み家が出来上がったかは、わかりませんが
印象的だったのはその息子さんが言われていた言葉で
「今の時代じゃ無いですよね」
でした
たしかに、今これだけ情報があふれ個性の時代に
「この中から選んで下さい」
でも、以外とまだそれに近いことことってあるみたいですね。
時間も手間もかかって月に3件売れなくても想いをカタチにしていきたいですね。
ではでは。